ミュージカル「ロミオの青い空」公式サイト

Interview

ミュージカル「ロミオの青い空」を作り上げたクリエイティブスタッフへのインタビューを掲載!
インタビュー中の“好きなシーン”や“こだわり&注目ポイント”は、
10月28日(金)発売予定のブルーレイディスクでぜひチェックしてみてください。

市原昌顕|衣装

― 稽古中/本番中/今回の仕事中で印象に残っていることはありますか?
何よりも「衣裳数の多さ」これに尽きるかと思います。キャストも多ければ役も多いという・・・未だかつて無い程の衣裳数でした。人によっては 2 役~8 役もあるので誰がどこで何役をやっているか是非探して見てください。

― 好きなシーンはありますか?
ラストのキャスト全員での歌はとにかく素晴らしく、実力のあるキャストばかりなのはもちろん、全員の想いが込められたその歌声にとても感動しました。

― 特にこだわった/注目してほしいポイントはありますか?
この作品を舞台化するにあたり、衣裳の色や質感や細部をアニメ資料から読み取るという作業がなかなか手強かったです。時代背景や生活環境から洗いざらし感や着くたびれた感じなどシンプルな衣裳だからこそ何度も原作チームに確認頂きながら、全体の調和性を意識して製作しました。

― 他に何かありましたら、お答えください。
今回、本公演を迎えるにあたり、キャストもスタッフも沢山の苦難や苦渋の決断を乗り越えたかと思います。だからこそ原作の仲間達に負けない絆がこの舞台にも込められていると思います。長く愛されてきた作品ではありますが、この舞台も長く愛して頂けたら幸いです。


市原昌顕 Ichihara Masaaki
【代表作品】ミュージカル「黒執事」、舞台「Les Misérables~惨めなる人々~」、舞台「斬舞踊」(古事記プロジェクト) ほか

松本わかこ|舞台美術

― 稽古中/本番中/今回の仕事中で印象に残っていることはありますか?
稽古開始前に7時間を超える打ち合わせを 2日連続で行ったことです。
西森さんの作品では必ず行われる大切な会議ですが、私が経験した中で最長でした。
しかし皆で積極的にアイデアを出し合い、とても有意義な時間となり、それが本作の完成度につながったと思っております。

― 好きなシーンはありますか?
M9「見てみたい」でのアンジェレッタです。
「笑って ロミオ」
…あんな風に微笑まれたら、悩みも涙もすぐに飛んで行ってしまいそう。
我が家にもアンジェレッタがいてくれないかしら。

― 特にこだわった/注目してほしいポイントはありますか?
セット全体の色味です。油絵風のタッチと多彩な色を使用し、大人が演じる子どもたちの世界を無理なく成立させるための空間を目指しました。


松本わかこ Wakako Matsumoto
【代表作品】ミュージカル「憂国のモリアーティ」、「オペラ 魔笛」、2.5次元ダンスライブ「S.Q.S(スケアステージ)」 ほか

日本アニメーション|監修

― 今回の仕事中で印象に残っていることはありますか?
通し稽古の、心から楽しそうに演じられて和気藹々とした雰囲気がとても印象に残っています。誰でも気づいたことを言い合える環境というのはとても大切なことで、世代こそ様々でしたが、全員が「黒い兄弟」のようでした。

― 好きなシーンはありますか?
どのシーンもお気に入り!ですが、「ベンヴェヌーティ ミラノ」の歌とお芝居は、ミュージカルならではの世界の広がりやミラノらしさを醸し出す素敵なシーンで、ロミオたちは本当にミラノに到着したのだと、脚本を読みながらワクワクしたことを今でも覚えています。

― 注目してほしいポイントはありますか?
アニメ「ロミオの青い空」を愛する方々によって、ミュージカル「ロミオの青い空」は制作されました。それは決してアニメのコピーなどではなく、ミュージカルとして確立した素晴らしい作品です。ぜひアニメーションとはまた違った、舞台の魅力をお楽しみいただければと思います。
ページトップへ